So-net無料ブログ作成

私の街頭演説原稿をアップします

おはようございます。
ブログページのURLを公開していたのですが
今まで全く何もアップできず、申し訳ありません。

本日選挙活動の最終日ですが、少しでも私の考え方をご理解いただくために
選挙活動初日に街頭演説した際の原稿案をアップします。
少々長文で申し訳ありませんが、ぜひ熟読いただき、
ご質問、ご意見などありましたらなんでもお寄せください。

今日も歩いて市内のいろんなところに回ります。
もし見かけましたら、声をかけてください。
よろしくお願いいたします。

(以下街頭演説原稿です)

みなさん、こんにちは

私は、今回志木市長選挙に立候補しました、そねまもると申します
これから少しの間、こちらの場所をお借りして、私がなぜ今、市長に挑むのか、その理由を3点ほどお話ししたいと思います
近隣の皆さま、またご通行中の皆さまには少々ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただけますようよろしくお願いいたします

では、まずは私が市長選挙に立候補した一番大きな理由からお話しします
それは、市役所の庁舎の70億円もかけた建替のことについてです

みなさんは市役所においでになったことがありますか?

志木市役所は柳瀬川と新河岸川に挟まれた合流地点の三角州のようなところに建っています
新河岸川は明治時代までは九十九曲がりと言われるほど蛇行していたのはご存知ですか?
そのためか洪水の被害も多かったので、それを昭和初期に今流れているようにまっすぐに改修しています。
よーくみるとまだところどころに川が蛇行していた痕跡が残っていたりしますよね
ちょうど今、市庁舎の建っているところはその新河岸川が蛇行していた川の上、もしくは湿地帯の上あたりになるんです
つまり昔の川の上に立っているので地盤が緩く液状化のおそれがある場所なんです

また、市のホームページには洪水ハザードマップが公開されていますが
今の市役所の場所は荒川が溢れても、新河岸川、柳瀬川が溢れたとしても2メートルから5メートル程度浸水してしまう予想がされています

おまけに市役所をつなぐ2本の橋がもし通行止になったとしたら完全に孤立してしまいますよね?

市庁舎は防災拠点としてはとても重要な場所です
それが機能しなくなるというのは致命的です
皆さん、2年前の、利根川の洪水を覚えてらっしゃいますか?
あの時、常総市の新しい市役所は浸水の被害に遭い、避難所としては全く機能しなくなってしまいました

そうした事例がすでにあるにもかかわらず、
なぜそれをあえて、危険性の非常に高い場所にわざわざ70億円もかけて建て替えるのはみなさん、おかしいと思いませんか?
70億円という金額はなかなか普通の人にはピンとはきませんが、近隣の同じような人口、職員数の、北本市、桶川市、吉川市の新市庁舎建設費用は、
いずれも30億から40億円程度で建設されています
志木市はなぜこんなに高いんでしょう
なんか腑に落ちないですよね

やはりそうして考えると一番安心なのは、高台に建て替えること、地盤のいいところに建て替えることです
つまり、今の市民会館の建つ場所に建て替えることだと私は考えます
多少市民会館は敷地が狭いとはいえ、何らかの工夫、たとえば隣接する敷地の買収や建ぺい率、容積率を緩和させるような工夫、小さくても使い勝手のいいような設計をすれば
問題はないと思います。

まとめますと、私の提案する第一の公約は、
市民会館のような高台に市役所を持っていきましょう
ということです
そうすれば70億円もかからずにすむはずです
また市民会館もすでに建替しなければならないほど老朽化が進んでおり、耐震基準も満たしていません
いずれにせよ市民会館も建て替えるのですから、市庁舎の建替で考えていた予算の一部をそこに投入して、今の市役所の場所に移転させて、
親水公園の一帯も含めた観光や商業施設として整備したらいいのではないかと私は考えます

たとえば市民会館、仮にかっぱホールと名付けますか!それとともに、郷土資料館や埋蔵文化財保管センターといった歴史関連施設を統合して、
たとえば、かっぱ歴史資料館、新河岸川、柳瀬川の生き物を展示するかっぱ水族館、農産物直売所や道の駅といった商業施設のかっぱタウン、
初日の出や富士山がよく見える展望施設かっぱタワー、街中でやると最近は問題も多いバーベキュー場も作れたらいいかもしれません
安全に手持ち花火ができる専用スペースもあるともっといいですよね
もちろん宗岡の皆さんのための宗岡支所も開設します
いかがですか?
考えただけでも楽しくなってきませんか?

また、観光商業施設、仮称志木カッパパークができることで、人が行き来することになりますから
駅から本町通りの商店街の活性化も期待できます
歩道にアーケードをかければ雨でも安心ですし、電動自転車のレンタルや、バスを区間限定でワンコイン100円で利用できるようにするなど考えればより一層人を呼ぶこともできるでしょう

今と同じ市役所を作るだけでは、何にも変わりませんし、こんな夢を描くことすらできません

皆さん、もし変えるとしたら本当に今しかないんです!
今ならできるんです!
今ならまだ間に合うんです!

話を続けますね
2点目です
次は介護についてです
これからますます高齢者が増え、介護保険をお使いになる方が増えてくると思います
個人的なお話しで本当に申し訳ないのですが
昨年末に母が変形性頸椎症という、首の脊髄の中を通る神経が圧迫されて手足が麻痺してしまう病気で入院、手術をしました
幸いながらみなさんのおかげで奇跡的にも先月中頃に退院することができ、今ではなんとか家事もある程度はこなすことができるまでに回復したのですが
そこで経験したことで困ったことがありました
母はそれまで全くの健康体で介護保険を使ったことがなかったので
まずは介護認定をお願いするところから始まりました
窓口は長寿応援課ですね
そこで書類を記入して、症状が落ち着いてきた段階で病院に認定に来てもらう
その後、介護認定された書類が市役所から届くという流れなんですが
そこから今度は、ケアマネジャーさんという方を自ら探して決めないといけません。このケアマネージャーさんが介護ではとてもキーになる方なんですが
市役所からはケアマネージャーさんがいる介護施設のリストが送られてくるだけなので
そこからは自ら選択しないといけません、
ここが一番のハードルです
たまたまいい人を見つけられれば問題ないんです
しかし、ケアマネジャーさんの情報というのは広くネットなどに公開されているわけではないので
悩んで壁にぶち当たってしまうんです
結局、私は地域包括支援センターに相談してみたらいいよーと友人からアドバイスをもらうことができたので、そこですぐにいいケアマネージャーさんをご紹介いただけたんです

だったら市役所は即地域包括支援センターに相談するように指導してくれれば簡単なんですが、それはなぜかしてくれないんです
地域包括支援センターは社会福祉法人で、行政の一部ではないからなのかもしれません。
その辺りに官民の溝を感じたりしましたね

こんな少し面倒な経験がありましたので
介護については、利用する人が戸惑わないように
ワンストップで全てがながれるように官民の壁を超えた形で介護コンシェルジュのような制度が導入できたらいいなと考えております

これは今すぐにでも導入したら皆さんがとても助かる制度だと思うんです

最後に、もう一つだけお話しさせてください
私は、通学路での悲惨な事故や事件、また高齢者の運転操作ミスによる事故を撲滅させたい
と考えております

時折ニュースで流れる、通学時の児童の列に車が突っ込む事故ほど悲惨なものはないです。
朝、いってらっしゃいと見送った子どもがただいまーと元気に帰ってこないなんて想像すらしたくもないです
また交通事故ばかりではなく、誘拐などの聞くに耐えない事件も起きています。
幸いながら、志木市内ではそういう事故、事件があったということは聞いてはいないのですが、
こうした事故や事件を絶対に起こさせない、未然に防ぐためのあらゆる手段、方策は取っていかなくてはなりません。
しかし、完全に車道と歩道を分離することは現状では残念ながらできません。
ですから、自らを守るためには、防犯カメラを設置すること、車両接近時の警告灯や回転灯を光らせること、地域での見守りをより一層お願いすること、
自衛手段としての防犯ブザーだけでなく、通学班のリーダーが車が近づいてきたらホイッスルを鳴らすなど、
運転手にも、児童にも、地域の方にも光と音で危険を察知させること、カメラが見ていれば、多少は犯罪の抑止効果にもつながるであろうことなど
今、考えうることはなんでも実行に移していきたいと考えております。

そして、高齢者の運転ミスによる事故を削減させるために、運転免許を自主返納された方には
市内の公共交通機関の無料パスが交付できるよう検討したいと思います。つまり高齢者の方の自動車に代わる足を確保するということですね
それからおそらく高齢者の皆さんは、今はお買い物で車を使うことも多いですよね。免許証の返納後に、仮にバスで買い物に出かけたとしても今度は帰りの
荷物を運ぶのが大変です。
今は市内のスーパー、ホームセンターなどでは、購入したものを自宅へお届けする配送サービスを始めているところも増えてきていますが
これをもっと多くのお店でも拡充してもらうために、市内の事業者の皆さんに、行政としてなんらかの補助などができればいいなと考えます。

高齢者の住みやすい街は、必ずみんなが住みやすい街につながるはずです

以上が
今回、私が市長になったら確実に実行に移していきたい政策になります。

今しかない、今ならできる、今なら間に合うが今回の市長選挙における私のキーワードです。

そしてこの志木市を安全で、安心な、将来にわたって不安のない街にするために、私は最大限の努力をしてまいります。

6月11日の投票日には、皆さん必ず投票所に足を運んでください。
お忙しければ、もちろん期日前投票でもかまいません。
そこで、頭の片隅から、そねまもるの5文字を思い出していただけるととてもありがたいです

本日お集まりいただいた皆さん、長時間にわたり、ご静聴いただき
本当にありがとうございました。
また近隣の皆さま、ご通行中の皆さまには大変ご迷惑をおかけしました
心からお詫びします

最後になりますが、私、そねまもるは志木市の皆さんのために、今しかない、今ならできる、今なら間に合う!これをテーマに、全力でがんばります。
どうぞ皆さん応援してください!よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。